【世界遺産⛰】131箇所もの世界遺産を巡ってきたLucky様のブログをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村運営です!
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

今回ご紹介させていただくのは、世界遺産と世界旅行の素晴らしさを発信しているブログです!

そんながLucky様おすすめする、世界遺産の数々とは❓❓

ぜひご覧いただき、Lucky様を応援しましょう。

【メンバー様紹介】Lucky様について

Lucky様は1971年1月、静岡県生まれ。
小学校の頃より海外に対する憧れは強かったが、33歳までは海外旅行の経験はまったくなかったそうです。
しかし、2004年9月、33歳の時に、仕事の関係でひとりで海外に行くこととなり、このときに留学することを決意したそうです。

2006年8月から1年間、米国カリフォルニア州バークレーに滞在しており、滞在期間中は、U.S. National Park を訪問することにハマり、Yosemite、Grand Canyon、Yellowstoneなど、15の U.S. National Park を訪問しました。

Lucky様は「世界遺産のことを詳しく知っていたら、海外旅行をもっと楽しむことができるのかなぁ?!」と考えるようになり、世界遺産検定を受けるようになったそうです。
2015年7月に世界遺産検定1級、同年12月に世界遺産検定マイスターを取得!
取得おめでとうございます👏

2017年9月から1年間、再び、米国カリフォルニア州バークレーに滞在する機会に恵まれ、2回目の米国滞在時に、さらに U.S. National Park を訪問し、2019年12月現在 62 ある US National Park の中で、39 の US National Park を訪問されたそうです。

2020年2月現在、41カ国、131の世界遺産を訪問済みです。

U.S. National Parkとは、アメリカ合衆国国立公園のこと

【世界遺産🌋】Lucky様がこれまでに観てきた世界遺産とは❓❓

imgp1183

※引用 http://www.worldheritagemeister.com

【カンボジアの世界遺産「アンコールの遺跡群」を代表する巨大な寺院】アンコール・ワット (Angkor Wat)🇰🇭

カンボジア内戦が停戦された翌年の1992年に、アンコールの遺跡群は、世界遺産に登録されると同時に危機遺産リストにも登録されました。
その後、日本などによる修復支援や保存作業が行われ、2004年に危機遺産リストから脱しました。

日本🇯🇵がこのアンコールの遺跡群の修繕に携わっていたことは知らなかったです。
そのことを知ると考え深いですね🤔

アンコールの遺跡群で最大の寺院は、幅190mの外堀に囲まれた面積約2k㎡のアンコール・ワットです。

imgp1308

西参道正面からアンコール・ワット (Angkor Wat) までの参道から見た景色。

アンコールワットの写真はテレビなどで見る機会がありますが、このような参道は観たことなかったので、とても新鮮な感じがします。

imgp1184

アンコール・ワットの建物の配置と、各々の建物の高さによる視覚表現の変化については、明らかに見せるための工夫と、見せないための工夫が随所になされており、とりわけ「作為的に見せない」という建築手法を使っているそうで、そこにLucky様は大変興味を惹かれたそうです。

imgp1141

アンコール・ワット (Angkor Wat) の第一回廊

『ラーマーヤナ』のラーマ王子が加勢するハヌマーンのサル軍と魔王ラーヴァナが率いる悪魔軍との戦いの絵。

imgp1142

ハヌマーン軍に対する、20本の腕と10の頭を持つ魔王ラーヴァナ。

※ラヴァーナとは、インド神話におけるラークシャサ(羅刹)の王である。

このような様々な戦いに関する絵が描かれています。
他にも様々な戦いの写真を載せているので、ぜひブログをご覧ください👀


imgp0106

【氷河が作り上げた雄大なカナダの世界遺産】カナディアン・ロッキー山脈自然公園群 (Canadian Rocky Mountain Parks)🇨🇦

カナダの世界遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」(Canadian Rocky Mountain Parks) は、北アメリカ大陸西部を南北に貫く総延長4,500kmのロッキー山脈の北2,200kmを占める山岳地帯です。

ロッキー山脈は、およそ6,000万年前の造山活動によって誕生しました。その後、氷河が山を削り、現在のような峻険な峰々を形成されたそうです。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群は、1984年に世界遺産 (自然遺産) に登録されましたが、以下の4つの国立公園と3つの州立公園によって構成されています。

<4つの国立公園>

  1. バンフ国立公園 (Banff National Park)
  2. ジャスパー国立公園  (Jasper National Park)
  3. クートニー国立公園 (Kootenay National Park)
  4. ヨーホー国立公園 (Yoho National Park)

<3つの州立公園>

  1. ハンバー州立公園 (Hamber Provincial Park)
  2. アシニボイン山州立公園 (Mount Assiniboine Provincial Park)
  3. ロブソン山州立公園 (Mount Robson Provincial Park)

ジョンストン渓谷 (Johnston Canyon)

imgp0050

バンフ国立公園で一番人気のハイキング・コース。
キャットウォーク(狭い遊歩道)を歩いて渓谷の奥深くまで進み、壮観な滝を眺めることができます。

imgp0053

キャットウォークを抜けた先にはこんな絶景が🌊

滝の音で心が安らぎそうですね⭐️

imgp0098

ペイトー湖 (Peyto Lake)

鮮やかなターコイズブルーの湖。美しい😍

氷河の雪解け水で生まれた湖だそうです。

この不思議な色の秘密は、氷河に含まれる細かな岩石片が青や緑の光を反射するためと言われているそうです。

imgp0117

タカカウ滝 (Takakaw Falls)

カナダ🇨🇦最大級の滝で、落差がなんと、254mもあるそうです!

近くにいると、かなりの水しぶきでちょとビショビショになるそうです。笑
皆さも、タカカウ滝を訪れる際はお気をつけて⚠️

私たちに馴染み深い華厳の滝が約97mなので2.5倍もの落差があるんですね!

ちなみに、タカカウとは先住民族の言葉で「すばらしい」を意味しているそうです。

image

【オーロラ鑑賞は超絶オススメ】オーロラは、一生のうち一度は鑑賞した方がいいと心から実感 !!

カナダ🇨🇦にあるオーロラビレッジで撮影された写真です。

Lucky様は午後9:30頃に到着し、午後11:00まではさっぱりオーロラは出てこなかったそうです。
午後11時過ぎくらいから、肉眼では雲のように見えるものでも、写真で撮影するとオーロラだとわかる程度のオーロラが現れました。

imgp0120

そして、通常の鑑賞時間 (午前0時50分) になってしまったのですが、追加料金を払って延長した午前1時30分頃から、奇跡のオーロラショーが始まり、終了時間の午前2時20分過ぎまで続きました。延長して本当に正解でした。

延長してまで、待った甲斐がありましたね。良かったです🤗

グリーンカラーのオーロラ。幻想的です。これ以上の言葉が見つからないです。

【まとめ】世界遺産や世界旅行の素晴らしさを紹介している、Lucky様を応援!

皆さん、いかがでしたでしょうか?

人生で一度は行ってみたくなる、世界遺産や絶景スポットがたくさんありましたね🤗

魅力的な海外旅行が綴られていたと思います。

これからもこれからの世界各国の風景を楽しみにしてます☺️

下記のリンクより、フォローページへ飛ぶことができます。
ぜひ購読して、最新記事を追いかけてみてください!

Lucky様も参加している旅行・世界遺産カテゴリには、他にもたくさんの魅力的なブログがあります!
こちらもぜひご覧ください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!
次回のピックアップ記事もお楽しみに!

引用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じタグの記事

コメントを残す