【日本一】日本一の場所・体験を綴っているきゃみいん様のブログをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
きゃみいん様アイキャッチ

にほんブログ村運営です!
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

今回ご紹介させていただくのは、日本一の場所や体験を綴っている、きゃみいん様のブログ!

記事を読んだら、行ってみたくなるような、魅力的な日本一の場所などをご紹介しています。
ぜひご覧いただき、きゃみいん様を応援しましょう!

【メンバー様紹介!】きゃみいん様について

きゃみいん様は、小学生:バスケ部、中学生:ソフトテニス部、高校生:弓道部、大学生はボランティアサークル、他にも水泳、合気道(3段)などなど、学生時代にこんなにたくさんの経験をしています❗️すごいっ👏

また、きゃみいん様の初海外は、1人でカンボジア🇰🇭にボランティアツアーに行ったことです。友達を誘うのは申し訳ないというところから、1人で行き、それが最初の1人旅だったそうです😊
初めてが一人でカンボジアは驚きですね。

日本一を趣味にブログを立ち上げた理由

きゃみいん様は、社会人になり普段がマンネリ化をし始めて退屈するようになり、何かしなきゃーと趣味を考えたのが最初だったらしいです。

ただ、きゃみいん様は自分自身で飽き性と分かっています。
今までも、スノボや株の勉強をするために、色々揃えたり、多額のお金をかけましたが、やっては失敗しての繰り返しだったそうです。

そこできゃみいんさんは「何でも良いからたくさん経験しよう」と思ったそうです。
もしそれが「つまらなかったらやめる」「面白ければ続ける!」という考えが生まれました!

それならテーマを決めて経験しようと考え「日本一」と決めました。
きゃみいん様が日本一を経験していく内に、色々と大変なこともありましたが、良い機会を頂いたりもの凄く糧になったなと思い、その経験を共有するためにブログを立ち上げたそうです。

詳しい内容はきゃみいん様のブログをご覧ください👀

【日本一】きゃみいん様が経験した日本一をご紹介!

引用:https://www.nihonichi-camiin.com/

宮城県にある日本一低い山⛰

日本一低い山は宮城県仙台市にある「日和山(ひよりやま)」
標高がなんと、3m❗️❓見間違えかなと思ったんですが3mですね。笑

実はこの「日和山」は2010年までは、大阪の「天日山(てんぽうざん)」より高かったので日本一ではありませんでした。
ですが、東日本大震災で「日和山」が消滅したことになっていましたが、その後の調査により、標高の変更、そして国土地理院の地形図に乗り晴れて日本一になったそうです🎉
日和山おめでとう🙌

目的地の近くまで着いたら、日和山遊歩道を看板に沿って歩いていきます。

するとそこには……日本一低い山の日和山が姿を現しました⛰
これが日本一低い山……石がたくさん積まれている。

私たちが思っている山のイメージとはだいぶ違いましたね笑

高砂市民センターというところに行けば、日和山の「登頂証明書」を貰えるそうです🤓
きゃみいん様はこの情報を訪問した後に知ったそうで、貰いそびれてしまったそうです😭
日和山を訪れた際には、「登頂証明書」を忘れずに貰ってみてください❗️

長野県にある日本一綺麗な星空⭐️

日本一綺麗な星空は、長野県下伊那郡にある阿智村というところで見れます! 
阿智村は、2006年に「日本一星空の観測に適した場所」として環境省から認定をされているらしいです。
それを機に日本一の星空が見える村として阿智村が注目されるようになりました!

きゃみいん様が急遽阿智村に行った理由とは❓

きゃみいん様は仕事を終え帰宅しており、19時を回っていたんですが、星が綺麗に見える3つの条件揃っている&仕事が明日がお休みという更に好条件が揃っていたことに気付いたため、今回の体験の決行をしたらしいです!
きゃみいん様の行動力に驚きです。笑

星が綺麗に見える3つの好条件🌟

  • 天気が良いこと(雲がないこと)
  • 乾燥した時期(冬などがおすすめ)
  • 月がないこと(特に新月)

阿智村に向けて出発🚗

まずきゃみいん様が最初に向かった場所は家電量販店💡
きゃみいん様は一眼レフは元々持っていたが、三脚を持っていないらしく、それを買いに家電量販店へ。

これでやっと阿智村へ向けて出発💨
用意ができた頃にはもう既に、20時を回っていたそうです。

阿智村へ車を走らせている時に、きゃみいん様は気づきました。
既に本日ゴンドラの運行が終わっている!!ということに。
ですが結構な距離走っていたので、そのまま進みました。

阿智村には22時少し前に到着。夜の運転もあり道とてもスムーズだったそうです。

到着したところの周りは、建物や街灯が一切なく、車のヘッドライトを消せば真っ暗だそうです。ひとりでその状況は怖いですね。笑

星空の撮影開始📸

車から降りて三脚を立てカメラの設定をし、撮影準備完了。
きゃみいん様は星空を撮るのが初めてで、試行錯誤を重ねて、撮影に挑みました。
きゃみいん様が撮影した日本一の星空はこちら!

※初心者が撮っているものですので、クオリティはご愛敬ください笑 きゃみいん様より

見渡す限り星しかないですね✨

肉眼だともっと綺麗に見え、流れ星も何回か見えたそうです。
私は人生で一回も、流れ星を見たことがないので羨ましいです😭

すごい👏星がたくさんありすぎて、とんでもないことになっています。

きゃみいん様の撮影技術すごいです。どんな方法で撮影したのかが気になります🤓

次回行く際はゴンドラを乗れるといいですね❗️
一人で森の中にいるのは、熊とか出てきそうで、本当に怖かったそうなので、もし誰もいない静かなところで見たい方は、せめて友達とか誰かと行くことを、きゃみいん様はお勧めしています笑

山形県にある日本一高い噴水⛲️

皆さんは噴水と言われたら、公園にあるような可愛らしい噴水を思い浮かべるかもしれませんが、今回ご紹介する日本一のは可愛いらしいとは無縁の噴水です。

こちらは、山形県西村山郡にある月山湖(がっさんこ)です。
公共交通機関から行く場合だと、山形駅から高速バスで約1時間強でつくそうです。

また車ですと「月山湖売店」に駐車場も約70台ほど無料で完備されており、そこで止めて大噴水を見ることが出来るので、おすすめだそうです。

月山湖の噴水について⛲️

最高112m、日本一の噴水が打ち上げられます🚀
時期は4月下旬〜11月で見ることができます👀

ちなみに月山湖にある周辺情報としては、

国道:112号線!
寒河江ダムの堤高:112m!
寒河江ダムに沈んだ家屋:112戸!
寒河江ダムの功式日時:11月2日11時20分!
※寒河江ダムは月山湖付近にあるダムです

これらに因んで112mとなっているそうです。112へのこだわりが凄いですね!

行く際は是非112を覚えておいてください笑 

日本一の噴水を体験⛲️

大噴水のタイムテーブル、平日は10:00-16:00、土日は10:00-17:00に1時間ごと(00分に開始!)に10分間噴水が起こります。
月山湖はとても山々に囲まれており、とても穏やかなところだそうです。

このように段々と吹き上がり、ほんの数分で最高到達点の112mになりました!

高ーーい👆写真でも伝わるこの高さはすごいと思います😉
写真では伝わりにくいですが、物凄い迫力らしいです。

「月山湖商店」にはこの大噴水をイメージして作られた数食限定のカレー「寒河江ダム四季カレー」🍛が販売されいています。
そのカレーをきゃみいん様は注文しました📝

向かって左側「ビーフカレー」、真ん中「枝豆カレー」、右側「かぼちゃカレー」で、正面のご飯は「夏も消えない積雪のある月山」をイメージして盛られているそうです。
真ん中に立っているのは根曲がり竹で、日本一の大噴水を表現しています。

いろんな味を楽しめて、きゃみいん様は満足したそうです🤤
このカレーはそれなりにボリュームはあるらしいので、少食の方はきついかもとのことです。

ダムカレーを注文すると、山ぶどうジュースがついてくるそうです。
甘くとても爽やかで美味しい😚

きゃみいん様は12時、13時、14時の3回見ちゃったそうです笑
そのくらい噴水が噴き上がる迫力がすごいからですかね❗️

【まとめ】きゃみいん様を応援!

いかがでしたでしょうか?

皆さんも、きゃみいん様オススメの、日本一に一度足を運んでてみては、いかがでしょうか❗️
これからのきゃみいん様の日本一に関する記事も楽しみですね😊

下記のリンクより、フォローページへ飛ぶことができます。
ぜひ購読して、最新記事を追いかけてみてください!

きゃみいん様も参加している地域生活(街)その他・全国地域情報には、他にもたくさんの魅力的なブログがあります!
こちらもぜひご覧ください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!
次回のピックアップ記事もお楽しみに!

引用元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す